残土は再生できます|オフィスで利用できるAEDはセコムでレンタルしよう

オフィスで利用できるAEDはセコムでレンタルしよう

メンズ

残土は再生できます

工事

レンタルも考慮に値します

工事現場では大量の土を掘り返す必要があるのが普通で、農業でもじゃまな土を掘り返して空間や作業性を確保する必要があることが多く、こうしたときに捨てられる土が残土です。残土は不純物を大量に含みこれらの中には生態系にも影響を与えると考えられる物質が含まれている可能性もあり、多くの場合残土ふるいという機械で選別処理します。残土ふるいは非常に高額な機械であるため、大量の残土がある場合に限定して納入、使用する必要があります。このため残土ふるい活用の際は十分な空間を確保することにより大量の残土と大型の機械の保存場所とすることが要求されます。こうした場所をプラントと呼びます。また残土ふるいは運転時に非常に音が大きいため、近隣住民に対する騒音対策も欠かせません。先のような金額的、空間的制約は企業にとっては負担ということが明らかでしょうが、レンタルを扱っている業者さんも多く、それらの活用も非常に有効です。

環境にも貢献しています

残土は本来使用用途のないやっかいものとしてされ、環境にも悪影響を与えてきたものとも考えられます。ところが残土ふるいによる再生処理が活用のフィールドを大幅に広めてきました。また人手しかなかった残土処理のスループット向上にも大きく貢献してきました。例えば選別によりまとめられた細かめの土は固化材と混合することによりセメントに合う土にすることができ、また建築現場の地質改良にも利用されます。またがれきを解体などの作業と同時に効率的に回収でき、がれきの大きさを揃えることにより再利用における品質上の価値が高まります。水分をほどよく含み鉱物を含む土が再生されることもあり、この場合は農業に有用です。残土ふるいは残土を安全に変えることができるため、最近ますます重要視されている環境対策には欠かせないことから、残土ふるいを有効活用している企業は高評価まちがいなしと言えるでしょう。